<< ミシュラン東京版 今日の出来事 >>

こどものおもしろ言葉と替え歌

子供たちの中だけで、流行る言葉。
ときどきすごい単語を聞いたりしてドキッとしたりする。
自分も小さいときは、聴いた言葉をそのまま家で使って
親に眉をひそめられたりしたことがあったっけ。

  
この間、娘と息子がケンカした。
負けて泣いた息子が叫んだ。

  エッチ スケッチ まんタッチ!

あまりにゴロのおかしさに笑ってしまったけれど、
これはいやなことをされたときに言う決め言葉らしい。

エッチ・・・これはそのまんまエッチのこと
スケッチ・・・意味不明
マンタッチ・・・“まん”がこちらの方言で女性の陰部をさす隠語なのですが、そこをタッチするという嫌がらせ言葉のよう。

ダンナにこのような言葉があったのか聞いてみたけれど、覚えてないらしい。
出だしは似ているらしく エッチ スケップ なんちゃらかんちゃら・・・
自分が子供のときはどうだったか・・・と考えてみたけれど、いざとなるとなかなか思い出せないものです。
  
そして、娘が保育園時代覚えた手遊び歌。
これもすごい!
いわゆるアルプス一万尺とか八十八夜なんかとおなじ。
メロディーまでは表現できないけど、子供に「いっしょにやろうー」と言われ初めて聞いたとき、ちょっと引いてしまった手遊び歌。
子供たちは歌詞の内容までは分からずに歌ってたけどね~。

  箱のなかから キューピーちゃんが
  キューピー キューピー
  
  キューピーちゃんのあとから お姫様が
  オホホ オホホ

  おひめさまのあとから どろぼうさんが
  金出せ かねだせ

  どろぼうさんのあとから おまわりさんが
  ピストル ピストル

  おまわりさんのあとから やくざが
  金出せ かねだせ

  やくざのあとから やむねこが
  ヤムニャー ヤムニャー

  よよいのよい(じゃんけん) 


歌詞にあわせて、振りがついてるの。 
ピストルのまねしたり、金出せのところでは手を出したり。
最後が「よよいのよい」と昔ながらの言葉が入ってるとこを見ると
これもやっぱり伝承なのかと思うのだけど、時代時代で多少アレンジが加わってるのかなー。
この歌はダンナは知らないって言ってた。


自分の時代はというと手遊び歌はそのままで
アニメの歌を替え歌にしたものが多かったかも。

ガッチャマンの ♪誰だ! 誰だ! 誰だ~ オレだー! ♪とか。

♪インドの山奥でーんでん でんろくまめ うまいまめ♪  とか。

あっ、だけどこれは替え歌と違うのかな?

いつの時代も子供の遊びは同じなんだなーと思ったけれど
子供の替え歌の内容についてけなくなった、年寄り(わたしとダンナ)2名。
こういうものは、ほっといて良いんだろうけれど、教育上悩むところですね~。


そしてもうひとつ上でも出た「アルプス一万尺」
これも替え歌があるのです。
教育上非常に悩むの。
たぶんこの地域限定、だと思う。
ほっといてますけど。

   
  



 アルプス一万尺のメロディーで歌ってください。

  となりの ジッチャン バッチャン        
  いも 食って 屁 こいて             
  パンツが破れて 大騒ぎ             

  ジジイはころされ ババアはじさつ       
  破れたパンツは 土のなか


これも子供たちが替え歌版として伝承しているものなんだけど、
いや、本家よりもこっちのほうがダントツ多い歌。
あまりの残酷な替え歌に、子供が覚えた小さい頃は、私が禁止令を出した。
だけど、もう数年同じ歌詞で伝わってるよう。
いったい誰が考え出したのやら・・・・。
手の振りはアルプス一万尺と全く同じ。

 まるで横溝正史の小説に出てきそうなわらべうたの世界だよねー。
[PR]
by manggisk | 2007-05-26 20:00 | 日記
<< ミシュラン東京版 今日の出来事 >>