<< 2009マレーシア旅行記2日目... 2009マレーシア旅行記2日目... >>

2009マレーシア旅行記2日目(3)ーレダン島

今回レダン島で選んだホテルはLaguna Redang Island Resortです。
a0072582_19562587.jpg

このホテルは2泊3日シュノーケリングパッケージ(正式には3Days 2Nigths Deluxe Package)
というのを出していて、英語が出来なくても旅行が出来る優れもののパッケージでした。
ベルジャヤは高すぎて予算オーバー。(笑)
このラグーナレダンホテルはインターネットで申し込みが出来るし、パッケージなので3回分のシュノーケリングトリップと全部の食事が全て込み。
ただ、部屋のビューによって値段が変わってきますが、今回は奮発してプールビューの部屋を選択してしまいました。大人は578リンギット、子供は一律300リンギットです。
クレジットカードで前払いをしないといけないので、ホテルと何回もメールのやり取りをしましたが、ホテルからの返信がこれまた早くて予約はあっという間に出来てしまった。
とっても上手に出来ているパッケージで、まるで団体ツアーと同じで部屋に入るまで自由時間は無しというすごいパッケージでした。

空港からジェッティまでは、約1時間。
ジェッティに着いて、すぐ受け付けにトランクを預けます。
この時点で大体11時ころ。
ホテルとのメールのやり取りでは、ボートは12時30分に出るといわれていたのだけど、
目の前にはボートが着いたばかりで、ぞろぞろと人が降りてきています。
すぐにそのボートに乗れと合図があり、乗り込みます。
中は、満員状態。そして賑やかなグループがあっちにもこっちにも。
でもって、ここで?が頭の中を駆け巡る。バスも中国系ばかりだったけれど、ボートの中も同じでほぼ90%中国系。もちろん自分達も含めて・・・だけど。
広東語が一番多くて”香港からきてるんだなぁ~”と推測。
北京語もそれに負けじと多数聞こえる。あとは韓国語。唯一日本人は私達だけかも。
中国語(広東語と北京語)のイキオイは止まらずとにかく彼らは喋り通し。
娘のipodのヘッドフォンを仲良く半分こづつにして、音楽を聴きながら出航。
ボートの揺れは心地よくて、早起きだった体には効く~。
入り江に出るまでの記憶もなくあっという間に昏睡状態へ。
ハッと気づいて起きた時は口が大きく開いていた。(恥)
イビキをかかなかっただろうか?と思いながらキョロキョロ・・・
しようと思ったら、両肩には熟睡中の娘の頭と香港人坊やの頭が乗っていた。。。
いつの間にかレダン島には到着していて、香港人坊やのパパが起こしにやってきた(オイオイ)
娘も起こし、ようやく両肩が軽くなった。ふぅ~。
ジェッティからレダン島まではやく1時間半の旅でした。

レダン島は雨。
ボートを降りる人たちに傘のサービスがあり、濡れないようにしてくれる。
私達が降りたのは最後だったので、既に傘はなかったけれど(笑)
[PR]
by manggisk | 2009-08-24 19:01 | マレーシア・カンボジア2009
<< 2009マレーシア旅行記2日目... 2009マレーシア旅行記2日目... >>