タグ:ラグーナレダン ( 3 ) タグの人気記事

2009マレーシア旅行記4日目(2)ーレダン島出発


レダン島出発のボートは小型ボート。
天気が良くて、揺れは少ないはずなのに、小型のせいかなんと息子が船酔い。
小型ボートのため席が少なかったので、息子はダンナと二人で座っていたのだが、
船酔いのため、「外に出してくれ~」と頼み込み、外のデッキで荷物と一緒に
昼寝をしたそうだ。
私は娘と2人で、そろって船内で昼寝。そんなことがあったとはつゆ知らず。

クアラトレンガヌに到着すると、既にバスが待っていた。
昼寝をしていたとはいえ、揺れのせいで何となく体がだるい。
何か胃がすっきりするものを・・・、と思い外の土産物屋をぶらぶら。
残念ながらほしいと思うものもなく、空港まで我慢することにした。
a0072582_14251275.jpg


a0072582_14254177.jpg

しかし、バスで送るホテルの従業員が”空港に行っても食べるところがないので
ランチを取るために食堂に寄るが良いか?”と皆に提案。
もちろん異存はなく、ランチに寄ってってもらうことに。
このとき、広東語で話し出したホテルマンでしたが、乗客たちはほとんど広東語を理解しない
中国人だったと思われ、一人が「英語でお願い」と言ってくれ
ホテルマンは「Oh,Sorry」と英語で説明してくれたのでした。
あぁ、素晴らしい語学力。彼らたちは一体何ヶ国語を操るのだろう。

▼ここが寄った食堂。エコノミーライスです。紙にご飯を載せ、適当におかずを選ぶ方式。
a0072582_14262764.jpg

もちろん、おかずはバリバリにマレー系料理ばかり。
子供たちにはアヤムゴレンを食べさせる。凄く美味しかったらしくお代わりさせられた。
ところが、これだけマレーシアを旅行しているにも関わらず、
この食堂の雰囲気に圧倒されたダンナは食わず嫌いモードに入ってしまい
「オレ食べられない」と・・・。
思わず心の中で「一体何回マレーシアに来てそんなこと言ってるんじゃ!? いい加減に食べられるようになってよねっ!」と毒づく私。
とはいえ、私も肉系と辛いものはあまり食べたくなくて、魚・肉以外のおかずだけ選んであっさりと食べることにした。
何故かゆで卵と揚げ卵(甘酢味)を選んでるけど、素朴な味でこれは美味しかった。
a0072582_14265673.jpg

[PR]
by manggisk | 2009-09-28 22:19 | マレーシア・カンボジア2009

2009マレーシア旅行記4日目(1)ーレダン島出発

久しぶりの更新になってしまいました。
どうにも仕事が忙しくて、休みも色々用事があってパソコンを開く気力すらありませんでした・・・。
気がつけば秋真っ只中。外は稲刈りです。

旅行記の記憶は既に遠くかなたへ・・・になりつつですが、
思い出せる範囲で、頑張ります。

そんなわけで、更新の間が空きすぎて3日目の午後と夜はほとんど思い出せません。
午後もシュノーケルに行って・・・。ただあまり魚をたくさん見た記憶がない。
戻ってからは、ホテル前のビーチでさらにシュノーケリング。
ビーチ前もかなり魚が泳いでます。ビーチ前から続く岩場にも魚が豊富で、サンゴがたくさん。
シュノーケリングセットは今日で返却。とうとう海にさよならです。

一泳ぎした後は、大好きなアイスカチャンを頼んでみた。こちらはシンプルなアイスカチャン。
一番下から、お豆さんがたっくさん出てきます。
a0072582_13443327.jpg


最終日はまったりとビーチ沿いで景色を堪能。きらきら光ってやっぱり美しい。
a0072582_13451419.jpg

みんなシュノーケリングに行っているせいか、ビーチは人が少なくてとっても静かだった。
a0072582_1494368.jpg


今日は11時にチェックアウト。荷物をクロークに預けて、12時ジェッティへ集合です。

さようなら、レダン島。Selamat Jalan.
a0072582_13455263.jpg

[PR]
by manggisk | 2009-09-27 17:55 | マレーシア・カンボジア2009

2009マレーシア旅行記2日目(3)ーレダン島

今回レダン島で選んだホテルはLaguna Redang Island Resortです。
a0072582_19562587.jpg

このホテルは2泊3日シュノーケリングパッケージ(正式には3Days 2Nigths Deluxe Package)
というのを出していて、英語が出来なくても旅行が出来る優れもののパッケージでした。
ベルジャヤは高すぎて予算オーバー。(笑)
このラグーナレダンホテルはインターネットで申し込みが出来るし、パッケージなので3回分のシュノーケリングトリップと全部の食事が全て込み。
ただ、部屋のビューによって値段が変わってきますが、今回は奮発してプールビューの部屋を選択してしまいました。大人は578リンギット、子供は一律300リンギットです。
クレジットカードで前払いをしないといけないので、ホテルと何回もメールのやり取りをしましたが、ホテルからの返信がこれまた早くて予約はあっという間に出来てしまった。
とっても上手に出来ているパッケージで、まるで団体ツアーと同じで部屋に入るまで自由時間は無しというすごいパッケージでした。

空港からジェッティまでは、約1時間。
ジェッティに着いて、すぐ受け付けにトランクを預けます。
この時点で大体11時ころ。
ホテルとのメールのやり取りでは、ボートは12時30分に出るといわれていたのだけど、
目の前にはボートが着いたばかりで、ぞろぞろと人が降りてきています。
すぐにそのボートに乗れと合図があり、乗り込みます。
中は、満員状態。そして賑やかなグループがあっちにもこっちにも。
でもって、ここで?が頭の中を駆け巡る。バスも中国系ばかりだったけれど、ボートの中も同じでほぼ90%中国系。もちろん自分達も含めて・・・だけど。
広東語が一番多くて”香港からきてるんだなぁ~”と推測。
北京語もそれに負けじと多数聞こえる。あとは韓国語。唯一日本人は私達だけかも。
中国語(広東語と北京語)のイキオイは止まらずとにかく彼らは喋り通し。
娘のipodのヘッドフォンを仲良く半分こづつにして、音楽を聴きながら出航。
ボートの揺れは心地よくて、早起きだった体には効く~。
入り江に出るまでの記憶もなくあっという間に昏睡状態へ。
ハッと気づいて起きた時は口が大きく開いていた。(恥)
イビキをかかなかっただろうか?と思いながらキョロキョロ・・・
しようと思ったら、両肩には熟睡中の娘の頭と香港人坊やの頭が乗っていた。。。
いつの間にかレダン島には到着していて、香港人坊やのパパが起こしにやってきた(オイオイ)
娘も起こし、ようやく両肩が軽くなった。ふぅ~。
ジェッティからレダン島まではやく1時間半の旅でした。

レダン島は雨。
ボートを降りる人たちに傘のサービスがあり、濡れないようにしてくれる。
私達が降りたのは最後だったので、既に傘はなかったけれど(笑)
[PR]
by manggisk | 2009-08-24 19:01 | マレーシア・カンボジア2009