人気ブログランキング |
<< 香港2008 キャセイ機内食と... 香港2008 二日目 香港ディ... >>

香港2008 3日目九龍城


たった3日間の香港。日本行きのフライトは15時。
けれど集合時間は何時だと思います?
なんと10時なのでした。泣きました。信じられなーい!!

といっても始まらないので気を取り直して最後の食事の朝ごはんの散策。
昨日までの雨が嘘のように、とってもいい天気。
台風一過が去った後のピーカン天気。

▼通り道に小鳥屋さん。
a0072582_21242966.jpg

a0072582_21251372.jpg


▼下町九龍城。あらま、こんなにいい雰囲気の街だったんだね~。
a0072582_21254795.jpg

お店の準備をする人や、出勤途中の人の買い物姿を見るだけでほっとする。
最初のホテルの場所を聞いて「どうしよ~」と悩んだのが嘘みたいに居心地が良い。
ここでもっと散策すれば良かった。きっともっと好きになる。

▼上海蟹? それともモズクガニの仲間?
a0072582_2129358.jpg

蟹の時期なので、「あーっ、蟹ーー!」とフラフラとショーケースに引き寄せられて写真を撮ろうとしたら、お店の兄ちゃんがガラス戸を開けてくれて「撮れ撮れ」と合図を送ってくれる。
なんてやさしいお兄ちゃん。蟹が痛むと悪いのですばやく1枚だけ撮らせてもらいました。

目指すは美味しいフィッシュボール麺の店「徳昌魚蛋粉」
アジアのフィッシュボール大好き。かまぼこのようなつみれのような食感のフィッシュボール。
日本のものとは明らかに違うと思うけれど、アジアのもののほうが大好き。
▼「潮州貢丸河」か「馳名魚蛋河」という名前の麺。どっちだったか忘れてしまいました。
a0072582_21492827.jpg

▼「四寶湯河」
a0072582_21503082.jpg

▼「蝦雲呑麺」
a0072582_21522773.jpg

あっと思ったときには既に遅し。子供が食べる寸前にストップをかけさせてもらって写真を撮らせてもらった。
ここのフィッシュボール、おいしーです。同じように見える丸いフィッシュボールでも、あっちのどんぶりとこっちのどんぶりのフィッシュボールの柔らかさが違っていて、味わいが違う。
もっと感動したのは、餃子風のフィッシュボール。
餃子の皮も魚のつみれで出来ているんです。そして中身ももちろん魚が入っているの。
全て魚オンリー。しかも生臭くない。上品な味でした。
本当はここに岩のりをトッピングしたかったんだけど、メニューの字が理解できなかった。
というよりうろ覚えのリサーチだったので、きちんとオーダーできなかったのだ。
この次はメモを持参して食べに行こう。










パッケージツアーの落とし穴。集合時間とデューティーフリー。
やられたー、と思った。
10時にホテルをピックアップ。
1時間かけて他のホテルのお客さんをピックアップ。
その後1時間くらいデューティーフリーで時間つぶし。DFSの中にはだーれもいない。
日本人だけ。
さっさと外に出てみるけれど、この近辺には高級店ばかり。
それに中途半端な時間のため食事も出来ない。
裏通りに入ってみたら、にぎわっている茶餐店発見。そこで軽食を頼んで時間つぶし。
でも裏通りに入りすぎて帰り道がわかんなくなった。
さすがは若い脳の持ち主の我が子供達。
私を連れて集合場所のホテル日航へ無事にたどり着いた♪ 良かった良かった♪

このあと空港まで45分くらい。
一緒のツアー客はみんなJALのお客様でした。
私達だけキャセイだったのでガイドさんの案内でキャセイカウンターへ。
でも私達だけだったので、マルコポーロのカウンターはどこ?とわがままを言わせてもらい、
待ち時間なしでチェックインできた。
やったぜマルコポーロ!

ここまでありえない時間の使い方をしてきたパックツアー。
もったいないお化けが出そうだ。
by manggisk | 2008-10-27 22:44 | 香港2008
<< 香港2008 キャセイ機内食と... 香港2008 二日目 香港ディ... >>